写真 コスメトロジー研究振興財団 初代理事長 小林孝三郎

初代理事長 小 林 孝 三 郎

略歴

明治30年6月29日
茨城県に生まれる
明治45年
化粧品メーカーの高橋東洋堂に入社
昭和15年
営業面での最高責任者として管理部部長に就任
昭和20年
高橋東洋堂を退社
昭和21年
小林合名会社(化粧品の製造・販売)を設立
昭和23年
株式会社小林コーセーを設立し、代表取締役社長に就任
昭和31年
株式会社アルビオンを設立
昭和37年
東京化粧品工業会の副会長に就任
フランスロレアル社と技術提携
昭和42年
東京化粧品工業会会長及び日本化粧品工業連合会代表理事に就任
昭和44年
コーセー高等美容学校を設立し、校長に就任
昭和56年
株式会社小林コーセーの代表取締役会長に就任
平成2年
化粧品学の進展のために私財10億円を投じて「財団法人コスメトロジー研究振興財団」を設立し、理事長に就任
平成7年
株式会社コーセーの名誉会長に就任
平成7年7月22日
逝去(享年98歳)

叙勲等

昭和45年
勲三等瑞宝章を受章
昭和48年
フランスの国家勲章オードル・ナショナル・ド・メリットを受章
昭和63年
故郷岩井市に私財1億円を寄付し、奨学基金を設置
平成5年
岩井市より名誉市民の称号を贈られる