写真 コスメトロジー研究振興財団理事長 小林保清

理事長 小 林 保 清

 コスメトロジー研究振興財団は株式会社コーセーの創業者であった小林孝三郎氏の基金に基づき1990年に設立され初代理事長を務められました。
 今日、化粧品の社会的役割は単に皮膚を清潔に保ち、美しく装うという領域を超え、健康医学的側面から社会心理学的側面まで、多岐に亘っています。当財団は、このような時代に対応したコスメトロジー(化粧品学)研究の推進が、化粧品業界のみならず社会的にも重要な意義を持つものと考えてきました。
 初代理事長亡き後、第二代理事長を務められた小林禮次郎氏(平成23年8月逝去)は、この創設者の志を引き継ぎ、さらなるコスメトロジー(化粧品学)の発展を通じ 業界及び社会への貢献を図ってきました。
 この度、政府の公益法人制度の改革に伴い、当財団も「公益財団法人」への移行認定を受け、平成23年10月11日付けにて新たに「公益財団法人コスメトロジー研究振興財団」として登記を完了しました。今後は、新しい制度の下、より一層の発展を目指す所存でおりますので、従来同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。