コスメトロジー研究報告(平成29年度 研究報告)

毎年、コスメトロジー研究助成による研究論文を集めた『Cosmetology』誌を発行しております。

『Cosmetology』過去4冊の表紙

『Cosmetology』最新号(第25号)の全内容(1冊=1pdfファイル)、および各論文ごとのpdfファイルをダウンロードしてご覧いただけます。
※表示・印刷はできますが、編集・改変は固くお断りします。
※最新バージョンのAdobe Readerの使用をお勧めします。

『Cosmetology』第25号(2017年9月1日 発行)
【素材・物性に関する分野】
No 題名 所属(報告時) 研究者 報告
1 天然を超える抗酸化&抗菌活性の発現をめざしたポリフェノール模倣高分子の精密重合 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 江島 広貴 報告pdfファイル
2 アーユルヴェーダ生薬および熱帯植物からのアンチエイジングを志向した抗糖化および美肌薬の創薬研究 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 杉本 幸子 報告pdfファイル
3 エラスチン類似ポリペプチドの合理的設計による温度応答性ゲルの創製 名古屋大学大学院工学研究科応用物質化学専攻 鳴瀧 彩絵 報告pdfファイル
4 高分子ナノゲル粒子の短距離秩序に基づく色彩の研究 九州大学大学院工学研究院化学工学部門 三浦 佳子 報告pdfファイル
水溶性フラーレンの設計とそれらを用いた抗酸化作用に関する研究 東京工業大学物質理工学院 道信 剛志 報告pdfファイル
6 安全性に優れた化学合成コラーゲンによるドラッグデリバリー用球状微粒子の創成 九州工業大学大学院生命体工学研究科 宮崎 敏樹 報告pdfファイル
7 バイオベースマテリアルを用いた人体により安全な染毛法の開発 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科繊維学系 安永 秀計 報告pdfファイル
【生体作用・安全性に関する分野】
No 題名 所属(報告時) 研究者 詳細
8 タイトジャンクションの形成を促進するシグナル伝達経路の解明 九州大学理学研究院 生物科学部門 池ノ内順一 報告pdfファイル
9 酸化ストレスの生体分子イメージングから迫る対紫外線スキンケア分子の新規探索と機能評価 群馬大学大学院医学研究科 教育研究支援センター岩脇研究室 岩脇 隆夫 報告pdfファイル
10 慢性皮膚炎モデルにおけるHDC遺伝子レポーターマウスを用いたヒスタミン産生細胞の同定 東北大学大学院工学研究科 大津  浩 報告pdfファイル
11 レチノイン酸の皮膚内濃度モニタリングと新規アンチエイジング分子の同定への応用 滋賀医科大学 解剖学講座生体機能形態学部門 岡野 純子 報告pdfファイル
12 光線過敏症リスク予測方法の確立と国際協調活動の戦略的推進 静岡県立大学薬学部 薬物動態学分野 尾上 誠良 報告pdfファイル
13 炎症時における細胞動態と酵素活性を in vivo で可視化する機能性 MRI プローブ 大阪大学大学院工学研究科 菊地 和也 報告pdfファイル
14 皮膚顆粒細胞の活性化とタイトジャンクション修復による皮膚バリア機能増強とアトピー・アレルギーの発症予防 徳島大学先端酵素学研究所 木戸  博 報告pdfファイル
15 皮膚組織のコラーゲンが体の温度適応に与える影響 甲南大学理工学部 統合ニューロバイオロジー研究所 久原  篤 報告pdfファイル
16 新規ナノ粒子を用いた皮内siRNAデリバリーによる皮膚の恒常性維持 長崎大学病院薬剤部 佐々木 均 報告pdfファイル
17 創傷をより綺麗に修復させる皮膚再生促進薬の開発 東海大学医学部 基盤診療系再生医療科学 住吉 秀明 報告pdfファイル
18 経皮吸収物質の体内動態のイメージング質量分析による解析 福井県立大学生物資源学部 生物資源学科 平   修 報告pdfファイル
19 皮膚バリア機能障害を伴う皮膚疾患を対象としたラマン分光装置を用いた角層天然保湿因子の解析 大阪医科大学皮膚科 谷崎 英昭 報告pdfファイル
20 極長鎖脂肪酸含有セラミドの表皮バリア形成における機能と分子機構の解明 大阪市立大学 複合先端研究機構 中台枝里子 報告pdfファイル
21 創傷治癒機構における小胞体ストレス応答の関与 和歌山県立医科大学薬理学講座 松﨑 伸介 報告pdfファイル
【精神・文化に関する分野】
No 題名 所属(報告時) 研究者 詳細
22 「香り」の社会言語学:人はどのように「香り」の言語化を行うのか ユタ大学言語文化学部 東  照二 報告pdfファイル
23 ムスリム女性の「美」と消費 ─中東におけるハラール化粧品の可能性─ 神奈川大学外国語学部 大川真由子 報告pdfファイル
24 患者や家族と看護者の化粧に対する認識の比較に関する研究 愛知県立大学看護学部看護学研究科 荻 あや子 報告pdfファイル
25 女子青年における容姿に対する劣等感への化粧効果の認識に関する発達心理学的研究 和光大学現代人間学部 髙坂 康雅 報告pdfファイル
26 消費者ニーズの変化と化粧品流通チャネルに関する研究 ─日本・中国・イギリスの3か国比較─ 同志社大学商学部 佐々木一郎 報告pdfファイル
27 バイオミメティック触覚センシングシステムによる化粧料の使用感評価 山形大学大学院理工学研究科 野々村美宗 報告pdfファイル
28 女性の美における訴求表現に関する研究 静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科 広瀬 英史 報告pdfファイル
29 化粧がもたらす自己の価値および社会行動における価値の変化 ─行動学的検討 福島県立医科大学医学部 システム神経科学講座 藤原 寿理 報告pdfファイル